DRAMATIC STORY ドラマチックストーリー

  • HOME >
  • ドラマチックストーリー

挙式風景

TAKUMI& YUMI DRAMATIC STORY 巧さん&由美さん 密着レポート

父に手を引かれて歩くバージンロード
最後にお父さんと手をつないだのは
いつだろう・・・

入場前、隣にいる父のいつになく真剣な表情
私を緊張させまいと、ニッコリ微笑んでくれる笑顔の向こうに
父の寂しさを感じとる。

人生の道のりを表すバージンロード。
父と歩く「これまでの道のり」
ああ、小さい頃からずっと、私はこうやって父に守られていた。

「これから先の道のりは、私に代わって君が娘を守っていくんだぞ」
よろしく頼むと彼と握手をする父の手は、心なしか力が入っていた。
父に背を向け彼とふたりで未来への道のりを歩き出す。
そっと父が背中を押してくれたとき、その手の温かさに涙がこぼれた。

入場前、父と母が教会の扉の前で待っていてくれて
母がベールをダウンしてくれました。無事に彼が待つ場所まで
エスコートしてもらえるように、魔よけの意味を込めたベール
ダウン。ああ、お嫁に行くんだなとじんわりしました。

両家の母が想いを込めて手作りした
ライスシャワーでチャペルを退場

チュール生地にくるまれた手作りのライスシャワー。
1 粒のお米からたくさんの稲穂になっていく
二人の人生もそんな風に実り豊かなものに なって欲しい――――――

両家の母の想いがこもったライスシャワーを
浴びながら、たくさんの拍手の中を退場

シャワーに使ったお米はゲストの皆さんに持って帰っていただいて、
翌日お米を炊く時に混ぜて召し上がってもらいました。

セレモニーの後はプライベートガーデンと
専用ホワイエ「ヴェーネ」でゲストと
たくさん触れ合う!

緊張した挙式が終わって、ホワイエ「ヴェーネ」へ。
そこには満面の笑みを浮かべた大切な仲間たちの姿。

開放的なプライベートスペースは
完全貸切でゆっくりと過ごせるから
「おめでとう」「ありがとう」の言葉が飛び交う。

きっと大切に思ってくれる仲間たちの祝福の気持ちこそが
この先の未来を明るく照らす道しるべになってくれるんだろう。

愛犬「太一」をガーデンに連れてきて、肉球に朱肉をつけて
結婚証明書に承認の印を押しました♪太一も大切な家族だから
結婚式に参加させたい!そんなわがままを叶えてくれた
プランナーさんに感謝です。
ホワイエではゲストのみなさんとたくさん写真が撮れて
贅沢でプライベートな時間を満喫できました。

手作りだってこだわりたい!

ペーパーアイテムやウエルカムドールウエルカムボードなど
手作りで自分たちらしさを表現することもゲストを楽しませるおもてなし。

ウエルカムベアの和服は私の手作り。
そしてドッグのドレスは義妹の手作り!
カラードレスで身に着けたリスレット型のブーケは
姉が手作りしてくれました。
テーブルコーディネートもミニー好きにちなんで
リボン型にしましたが、ブーケもリボン型です♪
コースターも、お義母さまと一緒に手作り!